御朱印集めで醍醐寺を巡る京都国宝の旅♪失敗談と打開策とは?

こんにちは。
管理人の<しゅうちゃん>です♪


今回の御朱印旅は、京都です。
世界遺産にも指定されている、
醍醐寺に行きます。


ここ醍醐寺は、日本で一番古いとされている
西国三十三所の札所になっています。

33か所ある札所の11番目の札所になっています。


醍醐寺の境内は
広大な敷地面積になっています。

また上醍醐と呼ばれる、
山の上のエリアもあるほどです。

京都・醍醐寺・とても広い境内です

本来の西国三十三所の札所としては、
「上醍醐 准胝堂」となっていますが、

下の観音堂で御朱印が頂くことができます。


今回は、上醍醐エリアは行きませんでしたが、
それでも見所たくさんでした。

そして、国宝もたくさんありました。


それでは、今回の御朱印集め、
醍醐寺の旅をお楽しみに♪

【西国三十三所】
他の札所も巡っています♪
↓↓↓
ここから

スポンサードリンク

1.醍醐寺・三宝院を散策

今回の旅はレンタカーでの旅です。
京都駅の近くで車を借りて出発しました。


醍醐寺はこの日、最初の目的地になります。

京都駅からおよそ30分で到着しました。
遮断機のある駐車場に車を入れます。


平日の午前中に到着したためか、
駐車場はかなり空いていました。



さっそく、拝観券を購入して
境内散策に出かけます。

拝観券は、三宝院・霊宝館・伽藍の
入場券となっています。


長い参道を三宝院を目指して進みます。

醍醐寺の美しい参道・三宝院を目指します

いよいよ三宝院です。
ちゃんと玄関から入るのですが、
その玄関ですら重要文化財です。
いきなり、わくわくしてきました。

三宝院・大玄関から入ります・ここも重要文化財

三宝院は、とても古く、建てられてから
およそ900年経っています。


三宝院内は国宝や
重要文化財がたくさんでした。

撮影はできませんでしたが、
すごかったです。



庭園も素晴らしかったです。
この庭園は、豊臣秀吉が設計したそうです。

そう聞いただけでも、
なんだかすごいものを見させてもらったという感じです。

三宝院の庭園・素晴らしいです

そして、これは外側からになりますが、
唐門です。こちらも国宝になります。

建てられてから400年以上経っています。
通りすがりで、普通に国宝があるのがしびれますね。

国宝・唐門・築400年以上経ってます

スポンサードリンク


2.醍醐寺・仁王門から奥のエリアへ

唐門を過ぎて、また広い参道を進みます。
伽藍(がらん)のエリアに向かっていきます。

奥には、仁王門(西大門)がチラッと見えています。

広い参道を通って伽藍のエリアへ

仁王門に到着しました。
建築後約400年経過しています。
桃山時代の建造物ですね。素晴らしいです。

醍醐寺・仁王門(西大門)・風格があります

仁王門の両脇に安置されている金剛力士像は
およそ1000年前に造られたものです。

1000年前のものが、
今現在にあるってことがすごいです。

こうして普通に写真を撮っていることが
なんだか信じ難いですね。

醍醐寺・金剛力士像・約1000年前に造られた

仁王門を通過して、参道を進みます。
伽藍エリアの始まりは林の中を抜けていきます。


木漏れ日が心地よいです。
林というより、森でしょうか?

広大さを肌で感じながら進んでいきます♪

醍醐寺・伽藍エリア・自然に囲まれた参道を進みます

参道を進み最初に見えてきたのは清滝宮です。

こちらは重要文化財に指定されています。
約500年前に建てられたものです。

伽藍エリア・清滝宮・築500年です

つづいて見えてきたのは、金堂です。
国宝に登録されています。



豊臣秀吉の命令によって
約400年前に移築されたものだそうです。


ここには、醍醐寺のご本尊様が
いらっしゃるということです。


この金堂が醍醐寺の中心ということですね。

国宝・金堂・醍醐寺の中心はここです

つづいて、五重塔です。
こちらも国宝に登録されています。


国宝のオンパレードです。すごすぎる。


高さは40メートル近くもあるようです。
築後1000年以上経過しています。


1000年以上昔にこういう
巨大な建築ができていることは、
スゴイ!としか言いようがありませんね。

国宝・五重塔・築1000年超え

連続で国宝を拝むと、
日月門が見えてきました。

いよいよ醍醐寺の観音堂に近づいてきました。

さら にわくわく しながら進んでいきます♪

醍醐寺・日月門・いよいよ観音堂へ

スポンサードリンク


3.醍醐寺・観音堂にて御朱印を頂く

日月門を通り抜けると、いよいよ観音堂です。
看板も見えてきて、さらにテンションが上がってきます。

走って行きたい気持ちを抑えながら、
観音堂に向かいます。

看板でもテンション上がってくる

参道を進んで、観音堂に到着しました。
道のりがとても長かったので、喜びも大きいです。


参拝を済ませて、
西国三十三所の御朱印を頂きます♪

醍醐寺・観音堂・ようやくたどり着きました

こちらが、西国三十三所・第11番札所
醍醐寺の御朱印です。

無事頂くことができました。

西国三十三所・第11番札所・御朱印頂きました

また、御朱印を頂いた後、
観音堂の前にある池から見える弁天堂を
しばらく眺めていました。

池越しの弁天堂って定番の景色ですが、
やっぱりいいですね♪

醍醐寺・弁天堂を池越しに眺める

4.今回の旅のアクセス

今回はレンタカーを使っての旅となりました。


京都市伏見区醍醐東大路町22




京都駅から レンタカーで約30分かかりました。



拝観券:三宝院・霊宝館・伽藍の入場券
   春期・秋期→1500円
   その他の時期→800円


駐車場:普通車5時間以内で700円

御朱印代:300円

スポンサードリンク

<< まとめ >>

私は桜の咲いてる時期に一回、
車で来ていたのです。

周辺は細い道になっていて
大渋滞をしていました。

駐車場まで車でたどり着けなくて、
入場を断念しています(T T)



もし、みなさんが桜の時期に参拝をする、
もしくは桜を見物しに来るのであれば
絶対的に公共交通機関がおすすめです。


細い道ですが、路線バスが
ばんばん走っていました。


桜の時期以外でしたら、車がいいと思います。

私は、リベンジとばかりに、
桜のシーズンの直後の平日に行きましたが、

駐車場はガラガラでした。
やはり、車での参拝がおすすめです。


また、境内はとても広いので、
時間にゆとりをもって訪問した方がいいですね。

広いのでかなり歩きます。
運動靴がベターです。



それでは、みなさんも
ステキな醍醐寺・国宝の旅を
されてみてはいかがでしょうか?


今日も、最後までご覧いただき、
ありがとうございます。

【西国三十三所・9番札所】の
興福寺・南円堂にも行ってきました♪

【西国三十三所・14番札所】の
三井寺・観音堂にも行ってきました♪

【西国三十三所・27番札所】の
書写山・円教寺にも行ってきました♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする