御朱印旅でやった方がいいこととダメなこと

こんにちは。
管理人の<しゅうちゃん>です♪


今回は、
御朱印を頂くときのマナーについて
書いていこうと思います。


せっかく御朱印を頂くのですから、
お互い気持ちよく頂きたいものです。

ちょっとした気遣いが
できるかどうかのことです。
難しいことはまったくありません。


神社の方であろうと、お寺の方であろうと、
人と人のつながりです。

ちょっとしたことで
気分も良くなりますし、

また、ちょっとしたことで、
気分が悪くなってしまうこともあります。


そして、これはやってはいけない。
ってこともあります。

中には、「知らない」では
済まされないこともありますので、

こちらも、あらかじめ知っておけば、
恥をかかずにすみますし、

マナー違反になることも
ふせげるかと思います。


それでは今回も、お楽しみに♪

スポンサードリンク

1.御朱印を頂く時のマナー

さあ、神社・お寺に到着しました♪
どんな御朱印を頂けるのかな?


と、テンションが
上がってしまうかもしれません。

しかし、神社やお寺さんに行って、
真っ先に御朱印をもらいに行くのも
マナー違反かな?って思います。


中には、御朱印だけ頂いて
そのまま帰ってしまう人もいるようです。

最低限、神様・仏様に
ごあいさつ(参拝)するのがエチケット

ではないか。と思います。


複数人で行っておしゃべりなどしていて
騒がしいのもマナー違反だと思います。


仲の良い人と一緒にいると
楽しいのは分かりますが、

それでも、せめて境内にいる間は
静かにしているのがよいと思います。

(うるさくない程度に会話しているのは
ぜんぜんOKだと思いますが)


参拝者の多い札所などでは、
先に御朱印帳を渡してから

境内をまわるシステムを
とっている神社やお寺さんも中にはあります。

参拝者の多いところでは、先に御朱印帳を預けるところも

裏技ではないけど、
すごく参拝者の多いところで、
聞いても怒られない雰囲気のところでしたら

「御朱印帳を預けてから
参拝に行ってきても大丈夫ですか?」

と直接聞いてみるのもいいかと思います。




別の話になりますが、

あらかじめネットなどで
御朱印を頂けると調べてから来る人の中で
ごくまれにあるようなのですが、

ネットで見たのと御朱印が違う!と
文句を言う方がいるそうです。


私の場合は、
御朱印を頂けるだけでありがたい。
と思っているので、

そのような話を初めて聞いたときは
本当にビックリしました。


たとえ同じ書き手さんが
御朱印を書いたとしても、
微妙に変わってきます。

書き手さんが変わると
かなり違った感じの御朱印になります。

私の場合は、
それも含めて楽しみにしています。

茨城県・鹿島神宮:書き手さんによって雰囲気の違う御朱印に

スポンサードリンク


2.御朱印をオークション?最悪

ここのところ、問題になっているようですが、
人気の神社の御朱印や限定で頂ける御朱印、

また、限定で発売される御朱印帳を
ネットオークションに出している人が
いるようです。



しかも、かなりの高値で
取引されているものもあります。

なんだか、悲しい気分になってきますね。

神様や仏様との信頼関係が
壊れてしまうような気がします。


私は、自分自身で現地に行って参拝して、
頂くのが当然だと思っています。


たとえ、知っている人にでも、
代わりに行ってもらうのはイヤです。


それを見ず知らずの他人から買おうなど
思ったこともありません。

そこには何の価値もないと思っています。
(私個人の感想です)


ただ、神社やお寺さんの中には、
ネットで販売しているところもあります。


そういうところは利用するのも
いいのではないでしょうか。

正規ルートっていう感じですね(^^)

3.御朱印を頂く前に参拝と作法

御朱印を頂く前に
お参りはしておきたいですね。


神社の鳥居をくぐるときは、
立ち止まって一礼します。
参道・通路は真ん中を通らずに端を通ります。


真ん中は神様が通る道とされています。
ちょっと意識して
参道の端を歩いてみてください。


そして、手水舎で手と口を清めます。
柄杓を手に取り、まず左手、そして右手、

そして口をすすぎます。
そのあとは、左手をもう1回、
最後に柄杓の柄を洗います。



ここも、忘れてしまっても大丈夫です。
ほとんどの手水舎には
清め方が表示されています。

親切ですね♪

手水舎には清め方が表示されている(写真右)

神社での参拝方法は、
二礼二拍手一礼のところが多いですね。

覚えておかなくちゃ、
と心配しなくても大丈夫です。



ほとんどの神社では「参拝方法」として
どこかしらに、ちゃんと書いてあります。


まれに違う参拝方法の神社もあります。

そのような場合も、
ちゃんと参拝方法は表示されています。

ご安心を♪

神奈川県・出雲大社相模分祠・独特の参拝方法

また、お寺さんでは神社の参拝方法は
しないようにしましょう。

お寺さんはシンプルに合掌して、済ませます。


ここで、お経をあげる方もいますが、
私はやっていません。

私は、最後に一礼だけするようにしています。

スポンサードリンク

<< まとめ >>

いかがでしたでしょうか?

どれも、ちょっとしたこと
ではないでしょうか?


神社やお寺さんに行ったらまず参拝、
神様や仏様に挨拶をしましょう。

挨拶の方法も自然と覚えます。
最初は、思い出しながらでも全然大丈夫。

参拝方法は、表示されているので
安心して参拝しましょう。


中には、最初に御朱印帳を
預けるところもありますので、
分からなかったら確認してみましょう。

待ち時間を減らすことができますね。


また、御朱印を待っている間は、
大きな声でしゃべらない、騒がない

ヒソヒソ話くらいでちょうどよい、
くらいの認識でいるといいでしょう。


そして、御朱印は頂けるだけでありがたい、
という認識も持っておくといいですね。


そうすれば、「ネットで見たのと違う!」
などというクレームをつけることも
なくなってくると思います。


あとは、御朱印のネットオークションには
かかわらないことも大切だと思います。


今日も最後までご覧いただき、
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする