神奈川県へ御朱印集め大仏から長谷寺への鎌倉旅♪快適な鎌倉旅には何が必要か?

こんにちは。
管理人の<しゅうちゃん>です♪

今回の御朱印旅は、
鎌倉駅からバスでスタートです。

知らない人のいない、あの鎌倉です♪


今回は、私自身としてはめずらしく
公共交通機関を使っての旅となっています。


みなさんが鎌倉を旅する時の
参考になるようにアドバイスを
お伝えできればと思っております。


それでは、今回の御朱印集め、
鎌倉旅をお楽しみに♪

スポンサードリンク

1.高徳院に向かう

さあ、今回は公共交通機関を利用しての
御朱印旅です。

私としては珍しいことです。
普段はだいたい車移動ですので。


JR線で鎌倉駅までやってきました。

さて、ここからバスで最初の目的地、
高徳院を目指します。


高徳院と言うと、
皆さんあまり「ピン」とくる人は
いないかもしれません。

「鎌倉の大仏」がある寺院と言えば、
多くの人が「ピン」とくるでしょう♪


今回の旅は平日の通勤時間外
ということもあって、

渋滞もなく順調に約10分で高徳院の
すぐ前まで来ることができました。


停留所の名前はそのまま「大仏前」です♪

バス停を降りると、すぐに高徳院境内

わくわくしながら、境内に入っていきます。

境内の入口には仁王門がありました。
仁王門なんてあったのですね(バチあたり!)全く覚えていません。


やはり鎌倉、しかも超有名スポットです。
団体の方々や修学旅行の生徒さん、そして海外の方と参拝客がいっぱいです。

高徳院仁王門を通過・参拝者がたくさんいます

スポンサードリンク


2.国宝・鎌倉の大仏様に再会

仁王門を通過すると、券売所があります。
入場料を支払って境内に向かいます。

国宝・鎌倉大仏の参拝券を買い、いざ境内へ

私自身も、初めて鎌倉の大仏を見たのが、
小学校6年生の修学旅行の時でした。

その後、縁あって数年間
近所に住んでいましたが、
大仏を見に来ることはありませんでした。

近くに住んでる「あるある」ですね。


ということなので、私が大仏を見るのは
修学旅行以来になります。

実に数十年ぶりの再会となります♪

数十年たっても
全く変わっていませんでした(笑)

国宝・高徳院の鎌倉大仏

大仏より少し奥に進むと、
観月堂が鎮座しています。
ここは、鎌倉三十三観音霊場の
第23番札所
でもあります。

堂内には、木造の観音様が安置されています。

観月堂・鎌倉三十三観音霊場・第23番札所

3.鎌倉大仏の御朱印を頂く

観月堂から大仏様のいる
回廊に戻ってきました。

回廊沿いの御朱印所に向かいます。

大仏様の左手の方です。
大仏様の背中を見ながら
御朱印所を訪ねます♪

なかなか見られない大仏様の背中・左手に御朱印所あり

御朱印帳を預けて、しばらく待つと、
無事、御朱印を頂くことができました。

鎌倉大仏・高徳院の御朱印(阿弥陀如来)

スポンサードリンク


4.長谷寺に向かいます

鎌倉大仏・高徳院をあとにします。

ここからは、徒歩で長谷寺に向かいます。
ここも約10分で長谷寺に
たどり着くことができます。



大仏から長谷寺への道端には、
感じの良いカフェやおいしそうな
食べ物屋さんや小物屋さん

また、おみやげ屋さんや、
不思議なお店がのきをつらねているので

飽きることなく到着することができました。


長谷寺は、坂東三十三観音の第4番札所になっています。

坂東三十三観音とは、日本百観音の中の一つで関東地区の札所になっています。

歴史も古く、
鎌倉時代に始まったとされています。

正式名称は、海光山 慈照院 長谷寺です。

海光山 慈照院 長谷寺の山門にたどり着きました

5.長谷寺の境内を散策

長谷寺に到着して、
さっそく入場料を払います。

とてもお寺さんとは思えない券売機が数台並んでいました。


交通系のICカード(スイカ・パスモ)で
入場料払えます♪
スイカでお寺に入れるんです。


テーマパークに入るような感じで境内に入場します。

券売機・スイカで拝観券を購入しました

今回は、とても良い時期に
来ることができました。
境内の木々が色づいている紅葉の季節です。


石段の周りはもみじが、
かなり赤く色づいていて
とても美しかったです。


気温はかなり低かったのですが、
日差しも気持ちよく

石段の段数もかなりあったので、
息も上がりつつ

暑いくらいだったのを覚えています。

石段の紅葉・きれいです

観音堂に向かう石段は
もみじもキレイでしたが、
卍池というおもしろいものもありました。

文字通り、「卍」の形をした池でした。

卍池・「卍」の形そのままです

さらに石段を上がっていくと、
ようやく観音堂に到着しました。

とても大きく立派なお堂でした。
観音様にごあいさつをして
お参りを済ませます。

観音堂でお参り

さらに、上があるようなので、
上がりたいと思います。

ここは、眺望散策路となっており、
梅雨時期はあじさいの見所となっています。

眺望散策路・さらに上を目指す

今回はもみじを楽しんだので、
あじさいはお預けですね(笑)

景色を楽しみに、息を上げながら
さらに上を目指していきます♪


やっとの思いで頂上に到着しました。
素晴らしい景色を見ることができました。

由比ガ浜を一望できました♪

由比ガ浜をひとり占めする

スポンサードリンク


6.長谷寺の御朱印を頂く

由比ガ浜を眺めて、
ゆっくりと山を下っていきます。

お参りも済ませ、御朱印を頂きに行きます。


坂東三十三観音の御朱印ですが、
実は先に御朱印帳を渡すスタイルになっているのです。

御朱印帳はお参りの前に

これは、参拝者の多い寺院での
スタイルになっています。

境内に入ってすぐの場所に御朱印所があり、
御朱印帳を渡しておきました。

そして番号札を受け取り、
最後に番号札と引き換えで

自分の御朱印帳を頂く
システムとなっております。


頂いた御朱印はこちらになります。

正式名称:海光山 慈照院 長谷寺
坂東三十三観音・第4番札所

長谷寺の御朱印を頂く

スポンサードリンク


7.今回の旅のアクセス・道順

今回は、鎌倉駅からバスで
高徳院まで行きました。

バス停「大仏前」からすぐ。


<鎌倉大仏殿高徳院>


拝観時間
 4月~9月:AM8:00~PM5:30
10月~3月:AM8:00~PM5:00

拝観料:一般200円

御朱印代:300円

駐車場なし




<海光山 慈照院 長谷寺>



高徳院・鎌倉大仏から徒歩で約10分

拝観時間
 3月~9月:AM8:00~PM5:00
10月~2月:AM8:00~PM4:30

拝観料:大人300円・交通系ICカード利用可
(2019年4月より400円に改定予定)

御朱印代:300円



・駐車場は街中の時間貸しの駐車場に停める形です。

・江ノ電を利用の場合は長谷寺~高徳院の順番が良いですね。

スポンサードリンク

<< まとめ >>

今回は鎌倉駅からバスで行きましたが、
風情を味わいたいなら、「江ノ電」がいいかもしれません。


ゆっくりと、狭い住宅街を走り抜ける様は、
なかなか見られない景色だと思いますよ♪


サザンオールスターズを
昔から知っている方でしたら、

原さんの「鎌倉物語」の歌が
頭の中に流れてきます♪

(知っている人は知っている)

鎌倉旅といえば江ノ電・定番ですね♪

鎌倉は車での移動は、
個人的にはあまりお勧めしません。

道路も狭いところが多くて、渋滞しがちです。


駐車場も、朝イチでほぼ埋まってしまいます。



たとえ路線バスでも、
渋滞にはまってしまったらアウトです。

やはり鎌倉旅では、
風情と正確さを兼ね備えている
江ノ電がおすすめです♪



実は、この旅には続きがあるのですが、
私は、ここから先は江ノ電を利用しています。


今回の高徳院と長谷寺までは、
私はバスと徒歩にしましたが、

レンタルの自転車で
巡っている方も見られました。


私個人的には、
一番いい選択肢かと思いました。


ただ、鎌倉は海岸沿いは平らですが、

ちょっと内陸に入ると
アップダウンの多い地形になっています。

ですので、電動自転車でしたら最高です。
ただし雨の日以外に限られるのが残念ですが。


雨と言えば、梅雨時期であじさいと
鎌倉の組み合わせはとても人気ですが、

今回は紅葉の時期に行けたのも良かったです♪

ちょっと寒かったですが、きれいな紅葉を見れたので良しとしよう(^^)


また、長谷寺は境内も広く、石段などの
アップダウンがたくさんあるので、

車で行ったとしても、運動靴に履き替えることをおすすめします。


みなさんも、ステキな鎌倉旅を
してきてくださいね♪

今日も、最後までご覧いただき、
ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする