御朱印集めで興福寺南円堂を巡る奈良の旅♪平日の奈良はどんな感じなのか?

こんにちは。
管理人の<しゅうちゃん>です♪


今回は、奈良県の興福寺への旅です。

ここは、日本で一番古いとされている
西国三十三所の札所になっています。

33か所ある札所の9番目の札所です。


ここの札所は、
他の札所とちょっと違っていて、
お寺の中の1つのお堂が札所になっています。

ピンポイントで「南円堂」というお堂が
札所になっています。


そして、一番良かったのは、
桜満開の時に来れたことですね♪

気候も良く、景色も美しい時に来れたのは
とてもラッキーです。


また、今回の旅は平日でした。
平日ならではなのか?たまたまなのか?


私が体験したことを
みなさんにシェアしていきたいと思います。


それでは、今回の御朱印集め、
興福寺南円堂の旅をお楽しみに♪

【西国三十三所】
他の札所も巡っています♪
↓↓↓
ここから

スポンサードリンク

1.興福寺の境内を散策

今回はレンタカーの旅です。
駐車場に車を停め、境内に向かいます。


方向感覚もないまま、
とりあえず境内に吸い込まれていきます。


ちょうどいいタイミングで、
大きな地図の看板を見つけました。

どうやら、境内の東側から入ってきたようです。

とりあえず境内マップを発見

境内に入って、まず目に飛び込んできたのは、
東金堂(とうこんどう)でした。巨大な建物です。

国宝に指定されています。


たび重なる被災を受けているようで、
現在の建物は約600年前のものです。

それでもすごいですね。

興福寺・東金堂(とうこんどう)・国宝・築600年

東金堂のとなりには、
とても大きい五重塔が鎮座しています。

こちらも国宝に指定されています。


高さは50メートル以上あります!すごい

この五重塔も、となりの東金堂同様、
数回の被災の後の再建で、
こちらも約・築600年になります。

興福寺・五重塔・国宝・こちらも築600年

五重塔から少し歩くと、
石でできた建物の基礎みたいなものがありました。


かなりの面積分ありました。
今回、写真には収めませんでしたが、

ここは、南大門跡とのことでした。


再建の計画もあるとのことです。
だから、基礎を残してあるのかな?


また、しばらく歩きますと、
今度は三重塔です。こちらも国宝です。


この三重塔、興福寺で一番古い建物なんです。
800年以上前の建物です。すごいですね♪


近くに桜も咲いていて、とてもいい雰囲気でした。

少し離れたところにあるからなのか、
人も少なくゆっくり見ることができました。

興福寺・三重塔・国宝・ゆっくり眺める

さあ、メインの興福寺中金堂です♪

普通のお寺さんでしたら、
本堂というくらいのものでしょうか。


参拝時・平成30年の春は工事中でした。
平成30年の秋頃に工事は終わったようです。

写真では分かりにくいかもしれませんが、
ものすごく大きい建物です。


工事中で残念でしたが、
これはこれで貴重だった、ということにしておきます(笑)

興福寺中金堂・参拝時工事中・これはこれで貴重

中金堂はちょっぴり残念ではありますが、

気を入れ替えて
いよいよ南円堂へお参りに行ってみましょう♪

スポンサードリンク

2.南円堂で御朱印を頂く

境内の散策もだいたい済んだので、
いよいよ札所の南円堂を目指します。

南円堂の入り口は桜も見事です♪
この入り口からは石段を上っていきます。

興福寺・南円堂の寺号標と桜

石段を上がりきると、手水舎があります。

ここで、身を清めます。
手水鉢も年季が入っていました。

興福寺・南円堂・手水舎で身を清めます

さあ、身も清めて、いよいよ南円堂です♪

思っていたよりも、
かなり大きかったので驚きました。

お堂の姿も美しいです。
重要文化財にも指定されています。

そして、お参りを済ませます。

興福寺・南円堂でお参りをします

お堂から垂れ下がっている布をよ~く見ると、
このデザイン「鹿」です♪さすが奈良ですね。

お堂の布は「鹿」模様でした♪

お参りを終えて、ついに御朱印を頂きます。
頂いた御朱印はこちらですね。

西国三十三所・第9番札所・興福寺南円堂の御朱印
スポンサードリンク


3.北円堂もあるんです。しかも国宝

今回、ここに来るまでは、
西国三十三所の札所である南円堂しか知りませんでした。


現地に来て、案内図を見るまでは、
北円堂があることを知りませんでした。


南円堂で御朱印を頂いた後、
さらに境内を散策していると、

その北円堂に遭遇しました。


南円堂は重要文化財でしたが、

北円堂はさらに上をいく
国宝に指定されています。

被災後の再建ですが、
築800年を越えています。

正直、失礼かもしれませんが、
地味にたたずんでいました。


しかし、さすが国宝、
お堂の周りには回廊の建設が
計画されているそうです。


参拝時には、北円堂の周りには、
あまり人の姿もなく、
さびしい感じがしていましたが、

回廊が完成したら、
風格も出てくるのではないでしょうか?

回廊の建設が楽しみです♪

地味にたたずむ国宝・興福寺北円堂


4.奈良といえば・奈良公園へ

興福寺を後にします。

でも、せっかく奈良に来たのだから、
奈良公園に行って鹿を見てこようと思いました。


ここも、数十年前の修学旅行以来です。
とても久しぶりでわくわくしながら公園へ向かいます。


あれだけの数の鹿が
よく公園に収まっているものです。

若干、路上に はみ出してはいましたが(笑)


やはり、ここの鹿は賢いですね。
お店に並んでいるせんべいは全く食べないのに、

観光客が買ったせんべいは、
すぐに食らいつきます(笑)


どの状況になったら食べていいのかを
きちんと理解していますね。

賢く進化しなければ、生きていけないのですね。

奈良公園の鹿・賢く生きています

5.今回の旅のアクセス

今回はレンタカーでの旅でした。


興福寺:奈良県奈良市登大路町48




今回私が車を停めたところ・国宝館脇

駐車場代:1000円(1回)


境内自体は入場料なし

拝観料:東金堂・300円


御朱印代:300円

スポンサードリンク

<< まとめ >>

今回の旅はレンタカーでの旅でした。

興福寺に来て、
まずやらかしてしまったのが駐車場でした。

完全にミスをしてしまいました(T T)


ざっくり調べてから向かったのですが、
気づかずにルートを間違えていたため、

駐車料金の一番高い駐車場に
停めることになってしまいました。


お寺さんからは一番近かったから良かったですが。


私自身は、
ちょっと離れたところでも良かったので、

もうちょっときちんと調べてから
駐車場に向かうべきでした。



お寺さんからの距離だけで選ぶとしたら、
ベストの駐車場だったと思いますが。


また、興福寺の境内も奈良公園も
そうだったのですが、

平日だからなのか?日祭日だったら
もっと日本人がいたのかもしれないが、

とにかく外国人が多い。

私が行ったのは平日ですが、
およそ9割が外国人でした。


どうして気づいたかというと、
日本人の老夫婦に写真を撮るように
お願いされた時に、

「やっと日本人を見つけた。
2人の写真を撮ってもらおうと思ったら、
声かけられる人がいなくて」

と言われて気づきました。


意識してみると、本当に外国人ばかりでした。

私も、日本人を探してみましたが、
ほとんどいませんでした。



逆に日本人である私が
肩身のせまい感じがしてしまいました。


なんか変ですね。
海外旅行に行った気分になれるかも(笑)


今日も、最後までご覧いただき、
ありがとうございます。

【西国三十三所・11番札所】の
醍醐寺・准胝堂にも行ってきました♪

【西国三十三所・14番札所】の
三井寺・観音堂にも行ってきました♪

【西国三十三所・27番札所】の
書写山・円教寺にも行ってきました♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする