御朱印集めに兵庫県へ書写山円教寺を巡る姫路旅♪アクセスや注意するポイントは?

こんにちは。
管理人の<しゅうちゃん>です♪

今回の御朱印旅は、
兵庫県姫路市の書写山円教寺です。

ここ書写山円教寺は
日本で一番古いとされている
西国三十三所の札所になっています。

33か所ある札所の27番目の札所です。


夕暮れの姫路を旅してきました♪
ただ、夕暮れならではの
失敗もあったりしました。

まあ、失敗も旅のスパイスですね(笑)


私と同じ失敗をしないように、
最後にアドバイスもありますので、
参考にしてみてくださいね。


それでは今回も、お楽しみに♪

【西国三十三所】
他の札所も巡っています♪
↓↓↓
ここから

スポンサードリンク

1.御朱印を頂きに書写山ロープウェイで登る

今回の姫路、
御朱印旅はレンタカーでの旅です。

実は、ここはこの日の
最後のチェックポイントであります。


予定よりもかなり遅れての姫路入りです。
正直、書写山は翌日にしようかどうか
迷ったくらいなのです。


でも、かなり強硬で行くことを
決めたのを覚えています。
ロープウェイ乗り場に入ったのが
午後4時過ぎでした。


平日の夕方だけあって、
ほとんど人の姿がありません。

内心「もう営業終わってしまったか?」
と思うくらいでした。


あせりながら、駐車場に車を停め、
乗り場へ急ぎます。

チケットを買って
ロープウェイに乗り込みました。

夕方にたどり着いた書写山ロープウェイ乗り場

ここで余談かもしれませんが♪
書写山(しょしゃざん)って、
すごく言いにくいです。


みなさんも、
10回声を出して言ってみてください。

おそらく2・3回目で
言えなくなってしまうのではないでしょうか?


でも、ロープウェイには
ガイドさんが添乗していたのですが、

まったく噛まずに
「しょしゃざん」を言っています。


さすがプロ♪
いつ噛むかいつ噛むかと、
ちょっと期待していたのですが、
全く噛みませんでした!すごかった(笑)

「しょしゃざん」をまったく噛まずに言えるガイドさんと共にロープウェイへ

スポンサードリンク


2.御朱印まで遠いロープウェイを登り切ってもまたプチ登山?!

さあ、山頂駅に到着しました。

山頂駅から円教寺本堂までは
シャトルバスが出ているとのことでした。


シャトルバスは往復で500円、
山頂駅から本堂まで歩いて約15分。

私は、500円をケチって、
徒歩を選びました。(笑)

徒歩・約15分を選択する

しかし、その後、
「徒歩を選びました」が

「徒歩を選んでしまった」に
変わっていきました(涙)

シャトルバスを見送ります・このあと後悔することに・・・

歩き始めてすぐに気づきました。

かなり傾斜がきつい道、この15分は
相当疲れることが確定しました。


しかも、夕方で、
ちょっと薄暗く寂しい感じです。

果てしなく感じる坂道を
ハアハア言いながら登り続けていきます。


まさしく「夕方のプチ登山」です。
ものすごく時間が長く感じます。

山道をひたすら歩いていきます

しかし、悪いことばかりでは
ありませんでした。

しばらく歩いていくと、
仁王門がありました。


これは、バスで来ていたら
見ることはできませんでした♪


徒歩で来たことの1つ目の恩恵ですね。

書写山円教寺の仁王門・徒歩の人しか見れないという強がり♪

そして、もう1つの恩恵がありました。

山道からは、姫路の街が一望できる
絶景ポイントがありました。


これも徒歩の者だけの恩恵である。
と思っておきましょう。


訪問時は、夕方でやや曇りの状態でしたが、
日中で晴れていたら
もっといい景色だったでしょう。

絶景・姫路の街を一望できました

スポンサードリンク


3.書写山円教寺にて御朱印を頂く

表示通り、約15分間
ハアハア言いながら歩くと、

ようやく円教寺の本堂(摩尼殿・まにでん)
に到着しました。


山道と違って、ようやく人の姿が見えました。
ホッとしました。

ようやくスタート地点に立った感じです。

本堂(摩尼殿・まにでん)ようやくスタート地点

本堂(摩尼殿・まにでん)は
とても大きくすばらしいお堂でした。
大正時代に火事で焼けてしまったそうですが、

現在のお堂は、昭和の頭に
再建されたものだそうです。


堂内で参拝をすませ、合わせて
御朱印を頂くこともできました。
時間内に御朱印を頂くことができて、
ちょっとホッとしました。

書写山円教寺・西国三十三所・第二十七番札所の御朱印

ホッとしたのもつかの間、
本堂(摩尼殿・まにでん)の奥が
見どころたくさん。

帰りのロープウェイの時間を
気にしながらの参拝になってしまいました。


結局時間切れで、
すべて巡ることはできませんでした。

これはもったいなかった。
来るなら朝一が良かった、という反省。

広い境内・右半分がバス&登山道・左半分がいろいろな「お堂」群
スポンサードリンク


4.御朱印を頂いた後はせっかく姫路まで来たのだから姫路城へ

ほぼ最終のロープウェイで
書写山を下山しました。

駐車場の係員も駐車場の施錠作業中でした。


今回の姫路旅は始めからギリギリ旅でした。
でも、せっかく姫路まで来たのだから、
やはり「姫路城」は見ておきたい。



普段、関東で暮らしているので、
姫路なんて、次回いつ来れるか分かりません。

半分、意地のような感じです(笑)


場内に入れるかどうかは分かりませんが、
とにかく、外観だけでも見たい。

という一心で、姫路城にたどり着きました。

お城の周りは公園になっており、
今回私は近くの駐車場に車を停めて
公園に向かいました。


すでに、城内への入場はできない
時間でしたが、

実際に自分の目で見るために
公園に向かいます。

いよいよ姫路城(白鷺城)へ

公園に入るころには、
あたりはすっかり暗くなっています。

お城は、見事にライトアップされていました。
美しい♪



昼間に見てもきっと
すばらしかったでしょうが、
夜は夜ですばらしいです。

姫路城(白鷺城)のライトアップがステキです


5.姫路っ子のソウルフード、らーめん八角へ

書写山円教寺の御朱印・姫路城と
2つの目的を(バタバタでしたが)達成して、

おなかが減ってきていることに気づきました。


姫路といえば?全く思いつかないので、
いろいろ検索してみました。


いろいろ調べた結果、「らーめん八角」に
行くことにしました。

どんな感じかな?と、
わくわくしながら店内に入ります。

らーめん八角・砥堀店へ潜入

もちろん、らーめん八角は初めてなので、
オーソドックスに
「八角ラーメン」を注文します。

サービスデーだったので
サイドメニューの
から揚げも注文してみました。


八角ラーメンはしょうがが効いていて
さっぱりしていました。
たいへんおいしく頂きました♪

八角ラーメン・シンプルでおいしかった♪

6.今回の旅のアクセス・道順

今回の私の姫路旅は、
車(レンタカー)での旅でした♪



<書写山円教寺> 車で行かれる方は、 カーナビを「書写山ロープウェイ駐車場」で
設定するといいです。





・ロープウェイ料金:大人往復900円

始発8:30
最終およそ18:00

およそ15分に1本出ています


・山頂駅から奥は入山料500円

マイクロバス利用500円かかります


・御朱印代は300円



<姫路城・大手門駐車場>

書写山ロープウェイ駐車場から車で約20分




・駐車料金(普通車)

3時間まで600円

3時間こえ1日以内:900円





<らーめん八角・砥堀店>

姫路城・大手門駐車場から車で約15分




からあげなどのサイドメニュー
日付などで割引あり♪

スポンサードリンク

<< まとめ >>

今回、私は納経時間(御朱印を頂ける時間)
ギリギリに行ってしまった。

ロープウェイの時間、
バスの運行時間もあるので
スケジュールは朝一番がベターです。



ざっくり言うと「閉店間際」に行ってしまい
バタバタしてしまって
かなりもったいなかった。

境内はとても広いので、予定時間は
かなり多く取っておいた方がいいです。



車で行く方は、充電池の予備などを
絶対に車に置いていかないこと。

ロープウェイで上まで行くと、
当然ですが、車に戻れません。


せっかくの思い出が写真・動画に
残せなくなってしまいます。


ロープウェイ上のエリアをバスで行く方は
いいかもしれませんが、
靴は運動靴がおすすめです。

ヒールのあるはきものは
やめておいた方がいいですね♪


夕方のバタバタ旅だったので、
結果的に姫路城内にも入れなかった。

夜は夜で美しかったですが♪


ざっくりと、
午前は書写山で午後は姫路城、みたいに

ゆったりしたスケジューリングが
おすすめです(^^)



お時間ありましたら、
ぜひ、らーめん八角も寄ってみては?

チェーン店のようですので、
市内に何店舗かあるようですよ♪


今日も、最後までご覧いただき、
ありがとうございます。

【西国三十三所・9番札所】の
興福寺・南円堂にも行ってきました♪

【西国三十三所・14番札所】の
三井寺・観音堂にも行ってきました♪

【西国三十三所・11番札所】の
醍醐寺・准胝堂にも行ってきました♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする