御朱印集めと参拝で東国三社を巡る<前編>千葉県編♪利根川下流部ならではの心構えとは?

こんにちは。
管理人の<しゅうちゃん>です♪


今回の御朱印旅は、
「東国三社」を巡ってきました。

東国三社については、
このあとに書いていきたいと思います。


今回は、車での御朱印旅となっております。


タイトルにもあるように、
関東地区の利根川下流地域になります。


このエリアならではの事柄も
綴っていきますので

最後までお楽しみにしてくださいね♪


それでは、今回の御朱印集め、
東国三社旅(前編)の始まりです♪

【東国三社】の
息栖神社・鹿島神宮に行ってきました♪

スポンサードリンク

1.東国三社って何?

東国三社?何のこと?って感じですよね♪

ズバリ、今回私が参拝してきた

・香取神宮
・息栖神社
・鹿島神宮

の3つの神社の総称
なんです♪


江戸時代の昔から、この東国三社を
お参りする人がたくさんいて、
すごく人気があったようです。


今でも、知る人ぞ知る人気スポットです。
バスツアーも多数組まれているくらいです。


私も実際に車で行ってみて、
手ごろにドライブできましたし、


一周りするのに何かとちょうどよい
エリアの広さでした。

そんな、「おてごろ感」も
人気の1つではないでしょうか?


江戸時代の人たちにしたら、

すごく大きな旅で
人気だったのかもしれませんが、

現代の私たちにしたら、
お手ごろ旅で人気なのかもしれないですね。


どちらにしても、東国三社参りでの
ご利益が期待できるので、

いつの時代でも人気が衰えないのでしょうね♪

スポンサードリンク

2.御朱印を頂きに香取神宮での参拝~千葉県香取市

最初の目的地の香取神宮にやってきました♪
車で来ているので、駐車場を探します。


境内からちょっと離れていますが、
無料の駐車場がいくつかあるようです。


駐車場からは、親切に案内表示が出ています。
方向音痴の私でもたどり着けます(笑)

境内までは案内板がたくさんあります

境内に近づくにつれて、
人がどんどん増えていきます。
さすが香取神宮、すごい集客力です♪


人の流れに乗って、しばらく歩いていくと、
総門に着きました。
とても大きくてビックリしました。

立派な総門です。

とても大きな総門に驚く

総門を越えると、手水舎がありました。
ここで身を清めます。


とても人がたくさん居ましたが、
奇跡的に無人の手水舎を
写真に収めることができました♪

奇跡の瞬間・無人の手水舎♪

手水舎で身を清めるとすぐに 楼門があります。
こちらもとても立派な門でした。


総門・楼門とたて続けに門を通過して
いよいよ拝殿のエリアに入っていきます。

立派な楼門を通過します

楼門を通過すると、いよいよ拝殿です。
この日は、3連休の中日のせいか、

参拝者の長蛇の列となっていました。
お賽銭箱までかなりの時間がかかりました。

拝殿・参拝者の行列が長かった

無事、参拝を終えて、
東国三社の一つ目の御朱印を頂きます。

社務所はたくさんの
御朱印待ちの方がいました。

しばらく待ちましたが、
御朱印を頂くことができました♪

東国三社・一社目・香取神宮の御朱印

参拝を済ませ、御朱印を頂いた後は、
境内を散策します。


お賽銭箱のある拝殿の奥には本殿があります。
この本殿は、重要文化財になっており、

囲われているのですが、その囲いの隙間から、
覗く形で見学をしてきました。


とても立派な お社でした。

重要文化財・香取神宮の本殿・立派です

そして、御神木もありました。
樹齢は千年を越えると言われているようです。

幹周りも7メートルを越えていて
とても存在感があります。

見ているだけでも、
ご利益がある感じがします♪

巨大な御神木・圧巻です

また、今回、駐車場が
境内の裏側にあったので、
表参道を最後に訪れる形となりました。


おもての参道には、
おだんご屋さんがたくさんありました。


この参道脇のお店も
たくさんの人でにぎわっていました。


写真には収め忘れましたが、
我々も、おだんごと甘酒を頂いてきました。


表参道から入場していたら、
また違った雰囲気を
楽しめたかもしれませんね♪

スポンサードリンク

3.今回の旅のアクセス・道順

今回の御朱印旅は車での移動でした。


<香取神宮>

千葉県香取市香取1697-1




東関東自動車道 佐原香取ICから約5分



駐車場:無料

拝観料:無料

御朱印代:300円

<< まとめ >>

今回は車の移動での旅でした。

香取神社・息栖神社・鹿島神宮の
順序でしたが、

香取~息栖の間は利根川を
渡らなければいけないので
どの橋も車は混雑します。



下流域で川幅もすごく広いし、
さすがに橋の数もそんなにないですから、

どうしても、
どこの橋も車が集中してしまいます。
逃げ道や抜け道はありません。



実際に私たちが行った時も、
橋はとても混んでいました。


とても時間がかかったのを覚えています。

やはりルートの検索を試みましたが、
どうにもなりませんでした。
道自体がないのです。


ですので、「道路は混む」という
覚悟をしておく

イライラせずにすむかと思います。


混んでいる前提で車内イベントを
準備しておくのもいいかもしれませんね。



そうしておけば、道路がすいていた時に、
すごくラッキーな感じがしてくると思います。


みなさんも、時間にゆとりをもって
旅を楽しみましょう♪


今日も、最後までご覧いただき、
ありがとうございます。

【東国三社】の
息栖神社・鹿島神宮に行ってきました♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする