御朱印集めと参拝で東国三社を巡る<後編>茨城県編♪東国三社を巡るテクニックとは?

こんにちは。
管理人の<しゅうちゃん>です♪


今日は、前回からの東国三社
「香取神宮」からの旅の続き、

後編ということで、
茨城県の二社を巡っていきます。


旅は、大きい利根川を渡って
千葉県から茨城県に入ってきました。


まずは、神栖市に鎮座する
息栖神社を参拝です。

そして鹿嶋市に移りまして、
鹿島神宮を参拝していきます。


今回の経験を活かして、

みなさんにちょっとしたアドバイスが
できればと思っております。


それでは、今回の御朱印集め、
東国三社旅(後編)の始まりです♪

【東国三社】の
香取神宮にも行ってきました♪

スポンサードリンク

1.御朱印を頂きに息栖神社での参拝~茨城県神栖市

前編の香取神宮から引き続き、

東国三社の二社目は息栖神社です。
ここの駐車場も砂利ですが、
無料となっております。



息栖神社の一の鳥居は
変わったスタイルになっています。
水辺からすぐのところにあります。


昔は遊覧船での参拝も
流行していたようですので、

舟からすぐに降りて参拝できるように
工夫されていたのかもしれませんね。


利根川ならではの舟運ですね。
水辺の鳥居はなかなか見られないです。


私は初めて見ました。

息栖神社の一の鳥居・水辺にあります

息栖神社の特長ですが、

一の鳥居から本殿まで
一直線で結ばれているところです。



一の鳥居から二の鳥居をくぐり、
手水舎で身を清めます。

すでに二の鳥居をくぐるころには、
拝殿が見えています。

さらに一礼をして神門を通過します。

息栖神社の真っ赤な神門を通過します

そして、拝殿で参拝をします。

息栖神社は、香取神宮ほど
参拝者はいなかったので、

ほぼ待ち時間はなく
参拝をすることができました。

息栖神社拝殿・スムーズに参拝

参拝を済ませて、いよいよ御朱印を頂きます。
社務所で御朱印を頂きました。


御朱印待ちの人がいなかったので、
すぐに頂くことができました。ラッキーです♪


後から知ったのですが、
息栖神社の社務所は無人の時が
あるらしいです。

重ねてラッキーだったんですね。


みなさんが訪れる時は、
あらかじめ社務所に連絡をするといいですね。確実です。

息栖神社・社務所・こちらで御朱印を頂きます

ラッキー続きで、息栖神社でも
御朱印を頂くことができました。

こちらが、
東国三社・息栖神社で頂いた御朱印です。

東国三社・二社目・息栖神社の御朱印

スポンサードリンク


2.御朱印を頂きに鹿島神宮での参拝~茨城県鹿嶋市

いよいよ東国三社の三社目の鹿島神宮です。

駐車場ですが、あらかじめ知っていたので、

境内から少し離れたところにある
無料駐車場に停めました。

駐車場にトイレもあるので好都合でした。



参道を進み、大鳥居をくぐります。
本当に大きかったです。

この鳥居、2011年の東日本大震災で
先代の石製の鳥居が崩壊したそうです。

新たに木製の大鳥居が復活しました。

東日本大震災から復活した鹿島神宮の木製の大鳥居

広く大きい参道を進んでいくと、
手水舎があります。さっそく身を清めます。


写真を見て、あとから気づいたのですが、
手水舎のすぐ横には、
電話ボックスがあります。

今では、電話ボックスは
あまり見かけませんよね♪

鹿島神宮の手水舎で身を清める・電話ボックス完備です(笑)


手水舎のすぐ近くには、
立派な楼門がありました。

先に参拝した
香取神宮の楼門にも似ていますが、


鹿島神宮の楼門も素晴らしいです。
重要文化財に指定されています。

鹿島神宮・楼門・重要文化財です

楼門をぬけると、拝殿があります。
さっそくお参りをしました。


写真は、人がいないところを
撮ることができましたが、

我々がお参りしたときは、
たくさんの参拝者で長い列ができていました。

鹿島神宮・拝殿・参拝時は長い行列でした

参拝を済ませて、境内散策のため、
さらに奥を目指します。

鹿島神宮の境内は広大です。

でも、参道の地面は土なので、
とても心地よいです♪

広大な敷地の鹿島神宮境内を散策します

少し歩くと、鹿園がありました。
鹿島神宮では、鹿は神様なのです。


売店では、鹿のえさを売っているようでした。

そのえさを購入した人は特別なエリアに入って
えさを与えることができるようでした。

今回、私はえさやりはパスをしましたが、
しばらく鹿神様を眺めていました。

鹿島神宮・鹿園・神様は戦っていました(笑)

さらに境内の奥を目指します。
境内案内を思い出しながら向かいます。

境内案内を頼りにさらに奥へ

少し歩いて奥宮をお参りします。
ここでも二礼二拍手一礼でお参りです。

写真はピンボケになりましたが。

鹿島神宮・奥宮・写真はピンボケです

奥宮よりさらに奥に進みます。
一番奥の要石のところまで来ました。


実は、閉場が近い時間だったので、
お賽銭の回収をしている最中でした。

お賽銭の全くない状態で
写真に収めることができました。

鹿島神宮・要石・お賽銭回収直後

いよいよ最後のポイント、
御手洗池にやってきました。

最後ということでホットして、ここで
おでんを食べながら休憩しました♪

湧き水もおいしいらしく、
汲んで持ち帰る方もいました。

鹿島神宮・御手洗池・おいしい湧き水出ています

さあ、御朱印を頂きに行きます。
正確に言うと、御朱印帳を受け取りに行きます。


鹿島神宮は御朱印帳を渡して
番号札との引き換えのシステムでした。

番号札と御朱印帳を引き換えます

知っておくと、参拝前に渡しておけるので、
待ち時間なく御朱印を頂くことができます。


こちらの御朱印を頂きました。

東国三社・三社目・鹿島神宮の御朱印

また、鹿島神宮と縁の深い
歌手の相川七瀬さんデザインの
御朱印帳をゲットできました♪

相川七瀬さんデザインの御朱印帳

この御朱印帳のデザインにもなっている
シンボル的なものは、楼門の裏にありました。

楼門裏にありました・デザインの元

鹿島神宮で御朱印を頂き、
東国三社を制覇したので、

記念品を頂くことができました♪

東国三社・三社制覇の記念品を頂く

スポンサードリンク


3.今回の旅のアクセス・道順

今回の御朱印旅は車での移動でした。


<息栖神社>

茨城県神栖市息栖2882




・高速で:東関東自動車道

潮来ICより約15分
佐原・香取ICより約20分


・一般道で:

国道51号~国道124号~県道44号


今回、香取神宮からは
車で約50分かかりました。

やはり、利根川を渡るのに
かなり時間をとってしまいました。



社務所対応時間
AM8:00~PM4:00


社務所は無人の場合があるので、
あらかじめ電話で問い合わせておくと確実



駐車場:無料

拝観料:無料

御朱印代:300円





<鹿島神宮>


茨城県鹿嶋市宮中2306-1




東関東自動車道潮来ICより約15分

今回、息栖神社からは車で約30分かかりました。



駐車場:
大鳥居のすぐそばの駐車場は普通車300円

約400m離れたところに市営駐車場あり・無料

拝観料:無料

御朱印代:300円

スポンサードリンク

<< まとめ >>

今回の旅は、車で三社を巡りました。

一気に三社を周るのももちろんいいのですが、
鹿島神宮は有名なだけあって、交通の便がとても良いです。


鹿島神宮行きの高速バスは
かなり本数が多い
ので、
それを利用するのもいいかと思います。

鉄道を利用するのもいいかもしれませんね。


また、鹿島神宮までは
公共交通機関を利用してから、

鹿嶋市内でレンタカーを借りるというのも、
1つの手かと思います。



鹿嶋から東国三社を一回りしてみるのもいいかと思います。


あとは、東国三社を巡る
バスツアーもある
ようですね。

そのまま、利用してしまうのもいいかもしれません。


私たちは今回、
最後の鹿島神宮で時間的に
少し急ぎ足になってしまいました。

今回は日帰りの旅でしたが、
仲間と一緒に一泊してもいい旅になるかもしれません。

みなさんも、東国三社を巡る
いい旅をしてくださいね♪

今日も、最後までご覧いただき、
ありがとうございます。

【東国三社】の
香取神宮にも行ってきました♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする