湊研雄(湊三次郎の弟)が番頭をしてるのはどこの銭湯か?お笑い芸人もやっている!【ザ・ノンフィクション】

こんにちは。
管理人の<しゅうちゃん>です♪



今回は、湊研雄(みなとけんゆう)さん
についていろいろと

調べていこうと思います。

湊研雄さん二足のわらじ・何と何?
出典:https://entrenet.jp/



湊研雄さんは、お兄さんが湊三次郎という
銭湯の経営をされている方なのです。



で、湊研雄さんは番頭さんをされている
ということなのですが、



お兄さんとは全く関係のない銭湯で
番頭をされているということでした。



これはどういうことなのかと思い
今回調べてみることにしました。



いっしょに確認していきましょう。
それでは、お楽しみに♪

スポンサードリンク

1.湊三次郎さんの弟の湊研雄さんが番頭をしてるのはどこの銭湯か?

それでは、湊三次郎さんの弟の
湊研雄さんが番頭をしてるのは

どこの銭湯なのか、確認していきましょう。



最初に正解を言うと「喜楽湯」ですね。
場所は埼玉県の川口市になります。

「喜楽湯」外観・模型ではありません♪
出典:https://entrenet.jp/



この写真は模型のような
感じがしますが実物です(笑)

かわいらしい外観になっていますね。



詳しい場所はこちらになりますね。
住所は埼玉県川口市川口です。




地図を引いてみるとこの辺りになります。


川口駅と西川口駅の
ちょうど中間くらいでしょうか。



口コミなどを見ても、かなり細やかな
サービスが充実しているようで

なかなか評判も良い銭湯のようですね。



リピーターの方が多いというのが
良い銭湯という証明ではないでしょうか?


湊研雄さんはこの銭湯の2階に
住んでいるようです。



銭湯でのお仕事は
拘束時間が長いということで

かなりしんどいみたいですね。

銭湯でのお仕事は意外とキツイ?
出典:https://tokyosento.com/



朝は早くはないですが、
作業開始はお昼の12時くらいからで



仕事の終了は
夜の12時過ぎになってしまうようです!



銭湯の営業時間は
15時から23時までということですが、



やはり準備と後始末は
省略できないですからね。

「喜楽湯」番台周辺
出典:https://tokyosento.com/



そんな激務(?!)でも、金銭的な面では
家賃や光熱費はかからずに、



お客さんからの差し入れもあるようなので
生活には満足されているようです。



湊三次郎さんの弟の湊研雄さんが
番頭をしてるのはどこの銭湯か、

そしてお仕事のお話でした。

スポンサードリンク

2.湊研雄さんはお笑い芸人もやってるらしいがプロフィールは?

何と、湊研雄さんは
お笑い芸人もやっているということです!



プロフィール
どうなっているのでしょうか。

確認していきましょう。

湊研雄さんお笑い芸人もやってます
出典:http://mearl.org/



湊研雄さんは静岡県浜松市の出身です。



大学進学をきっかけに上京したそうです。

そのころから
「銭湯」にハマったということです。



大学の授業をサボってまで
銭湯に通うようになっていたそうです。



そんな中で、湊研雄さんは
幼いころから「お笑い芸人」

ずっと憧れがあったそうです。



大決断をして大学を中退して
「よしもと」の養成所NSCに入りました。



そして、現在では「喜楽湯」の
番頭業務の激務の合間をぬって、



よしもとのお笑い芸人として
活動をされているということです。



以上、湊研雄さんの
笑い芸人のお話とプロフィールでした。

スポンサードリンク

3.湊研雄さんの兄の湊三次郎さんが「ザ・ノンフィクション」に出演!

そんな湊研雄さんの兄の湊三次郎さん
2019年7月14日放送の



「ザ・ノンフィクション」に
出演されるそうです。

湊研雄さんの兄の湊三次郎さん
「ザ・ノンフィクション」に出演
出典:https://www.fujitv.co.jp/



お兄さんの湊三次郎さんも
銭湯経営で悪戦苦闘しているようです。



以前にもこの番組で
取り上げられていたようですね。

湊研雄さんもツイートしていました。 兄の湊三次郎さんは
どんな結末になるのでしょうか?

番組も楽しみですね。

スポンサードリンク

<< まとめ >>

今回は、湊三次郎さんの弟の湊研雄さん
についていろいろと調べてきました。



兄の湊三次郎さんとは
全く違ったアプローチで



「銭湯」にかかわっているのが
面白いですね。



今後も、兄弟ともども、
ますますの活躍を期待しています。



それでは、
今日も、最後までご覧いただき、
ありがとうございます。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする