宮崎春生(鍛冶職人)のプロフィールや奥さんと子供はいるのか?【衝撃のアノ人】

こんにちは。
管理人の<しゅうちゃん>です♪



今回は、鍛冶職人宮崎春生さんについて
いろいろと調べていこうと思います。



宮崎春生さんは、
2019年7月24日に放送される



「衝撃のアノ人に会ってみた」
登場します。

イケメン鍛冶職人として取り上げられます。



そんな宮崎春生さんの今までに
興味を持ったので

今回調べていこうと思います。



いっしょに確認していきましょう。
それでは、お楽しみに♪



スポンサードリンク

1.鍛冶職人の宮崎春生さんのプロフィール

それではさっそく、
鍛冶職人宮崎春生さん

プロフィールを確認していきましょう。

イケメン鍛冶職人の宮崎春生さん
出典:https://www.athome-tobira.jp/



宮崎春生さんは1985年生まれです。
出身は長崎県になります。



中学校を卒業するタイミングで
五島列島の福江島という島に

家族で引っ越しをしたそうです。



福江島はこんな形ですね。




地図を引いてみると
長崎県のこの位置になります。


長崎県の九州本土の西に位置しています。

福江島は
五島列島で一番大きい島になりますね。



さらに西には韓国の「済州島(チェジュ島)」
も見えてきますね。


宮崎春生さんは、高校2年生の時に転機を
むかえたと言ってもいいかもしれません。



お医者さんをやっているという
お父さんから「鍛冶屋」について

聞くことになります。



その時、宮崎春生さんの心には
とくに「野鍛冶」というものが

残ったようです。



ちなみに、鍛冶屋には大きく
2つに分かれているということです。



1つは、刀鍛冶や鉄砲鍛冶などの
「武器」を造る人たち、



そしてもう1つが包丁や農具や漁具などを
造る人たちで「野鍛冶」と呼ばれています。



「野鍛冶」はその土地に
密着しているものだということです。



例えばその土地の土の硬さに
合わせた道具や、



取る魚などに合わせた道具を
作るといったものです。

その土地にあった道具
「野鍛冶」が造ります
出典:https://www.athome-tobira.jp/


その後、学校を卒業するとすぐに
福岡にいる名人に弟子入り

することになります。



当初、その名人は弟子は取らないと
決めていたそうです。



しかし、宮崎春生さんの熱意に根負けして
弟子を取ることを決めたということです。

宮崎春生さんの師匠・大庭利夫さん
出典:https://www.athome-tobira.jp/



5年の修業期間を経て、
故郷の福江島で自身の工場を開きました。

宮崎春生さんここで独立・工場外観
出典:https://www.instagram.com/



住所は長崎県五島市岐宿町になります。
その名も「宮崎鍛冶屋」ですね。



場所は島のこの辺りになります。


島の北部になりますね。



インターネットでも注文できるようですね。

すごい人気のようですので、
納期もかなりかかるようです。



以上、鍛冶職人の宮崎春生さんの
プロフィールや経歴についてのお話でした。

スポンサードリンク

2.宮崎春生さん結婚は?奥さんや子供はいるの?

イケメン鍛冶職人の宮崎春生さんですが
結婚はされているのでしょうか?



奥さん子供はいるのでしょうか?
気になるところですね。



情報によると、
奥さんはいるということです。



結婚はされているとのことです。
お子さんもいるということですね。



奥さんの画像は残念ながら
ありませんでした。



こちらがお子さんになりますね。
後ろ姿になります(笑)



どうやら、お子さんは
宮崎春生さんのやってる仕事に

興味を持っているようです♪
以上、宮崎春生さんの結婚や
奥さんや子供についてのお話でした。

スポンサードリンク

3.宮崎春生さん「衝撃のアノ人」に出演!現在はどんな感じなのか?

そんなイケメン鍛冶職人
宮崎春生さんですが、



2019年7月24日に放送の
「衝撃のアノ人に会ってみた」

出演されるそうです。

宮崎春生さん「衝撃のアノ人」に出演
現在はどんな感じなのか?
出典:https://www.ntv.co.jp/



現在はどんな感じなのか?ということで、
6年前にも出演されていたのですね。



今回の出演は「あの人は今」的な
出演になるようですね。

番組も楽しみですね。

<< まとめ >>

今回は、イケメン鍛冶職人
宮崎春生さんについていろいろと

調べてきました。



お店の方はすごく繁盛しているようですね。
納品まで数年かかるような勢いでした。



知名度もさることながら、製品力や
技術力もすごいレベルなのでしょうね。



今後も良い製品を
造り続けていってください。



それでは、
今日も、最後までご覧いただき、
ありがとうございます。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする