Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

井口智裕(いせん社長)プロフィールは?HATAGO井仙の場所は?雪国観光圏も気になる【カンブリア宮殿】

こんにちは。
管理人の<しゅうちゃん>です♪



今回は、株式会社いせん社長の
井口智裕(いぐちともひろ)さんについて
いろいろと調べていきます。



井口智裕さんは、
2019年3月28日に放送される
「カンブリア宮殿」に登場します。



廃れたふるさとの旅館を
超人気旅館にたてなおしたということで

気になったので調べてみます。



みなさん、
いっしょに確認していきましょう。
それでは、お楽しみに♪

スポンサードリンク

1.井口智裕さん(いせん社長)のプロフィール

株式会社いせん社長の井口智裕さん

プロフィールについて
いろいろと調べていきます。

株式会社いせん社長の井口智裕さん
出典:http://shacho-chips.com/

井口智裕さんは
1973年(昭和48年)生まれですね。

新潟県南魚沼郡湯沢町の出身です。



新潟の湯沢といえば、
私はまず「温泉」や「スキー場」が
思い浮かびます。



そして、もうちょっと考えると、
「バブル期のリゾートマンション」なども
思い浮かぶ街ですね。



学校ですが、アメリカの東ワシントン大学の
経営学部マーケティング科を卒業された
ということです。



海外の大学って聞くだけで、
すごい!って思います。優秀なのですね。



その後は、家業の旅館を
継ぐことになりました。



4代目ということなので、
長い歴史のある旅館なのですね。



歴史のある旅館だったのですが、
訳アリな感じがしてきましたね。



先にも述べましたが、
「湯沢」と聞いてリゾートマンションを
連想するのですが、



正直、バブル崩壊後の
「リゾートマンションの空き部屋」の
イメージの方が強いですね。



ひょっとしたら、井口智裕さんが
4代目になったころっていうのは、



そんなイメージとの闘いだったのでは
ないのかと思います。



以上、井口智裕さんのプロフィールと
新潟県湯沢町のイメージでした。

スポンサードリンク

2.井口智裕さんの旅館「HATAGO井仙(旧:湯沢ビューホテル)」の場所はどこ?

井口智裕さんの旅館の場所は
どこにあるのでしょうか?

調べてみました。



今は「HATAGO井仙」
という名前だそうですが、



以前は「湯沢ビューホテル」
という名前だったそうです。



さっそく、場所ですが、
住所は、新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢
になりますね。


JR越後湯沢駅からすぐのところにあります。



新幹線の駅でもあるので、
東京駅からわずか80分で
来ることができます。



交通の便はすごくいいですね♪

井口智裕さんの旅館・HATAGO井仙
駅チカ/越後湯沢駅からすぐ
出典:http://hatago-isen.jp/

今でこそ、
超人気の宿になっているとのことですが、
以前はそうでなかったといいます。



ホテル自体の歴史は古いのですが、
以前は、ビジネスホテルのような

ごくご普通の温泉旅館だったといいます。



お客さんも、スキー客とビジネス客
ぐらいしかいなかったようです。



当時は、立地だけに頼った
ホテルだったのではないでしょうか?


しかし、新たな宿泊プランを盛り込んだり、
当時の旅館業では珍しいスタイルを



取り込んだりして、メディアに
取り上げられるようになっていきました。



簡単に言えば、
立地だけのホテルだったのを、



アイデアや付加価値を
井口智裕さんが自ら取り入れて、



お客さんが来たくなるという
「仕掛け」を入れたのではないでしょうか?



例えば、中高年層に向けて「同級会プラン」
という宿泊プランを提案したり、



そして、井口智裕さんは自身を
「同級会プランナー」名乗ってしまい

サービスを展開していったりしました。



ヒットばかりではなかったといいますが、
いろいろなことにチャレンジをして、



立地だけではない旅館に
育てていったということです。

HATAGO井仙自慢のいろり
出典:http://hatago-isen.jp/

ここ最近では、
社員の働き方改革にも注目していて、



国土交通大臣などが視察にくるようにまで
なっているとのことです。



井口智裕さんの活動の特徴として、
自身の宿の再生だけではなく



宿を軸として、地域の再生にも至っている
ということです。



そういった井口智裕さんの活動の特徴が
「雪国観光圏」への貢献に

つながっているのではないでしょうか?

スポンサードリンク

3.井口智裕さんが理事の「雪国観光圏」って何?

井口智裕さんが理事の「雪国観光圏」とは
何なのでしょうか?



調べてみましたので、
いっしょに確認していきましょう。



「雪国観光圏」とは簡単に言うと、
井口智裕さんがいる新潟湯沢町だけでなく、



周辺の市町村が一体となって活動し、
観光客を呼び込み、地域の活性化を図る。

というものですね。



具体的なエリアは、
新潟県・群馬県・長野県にまたがり



魚沼市、南魚沼市、湯沢町、十日町市、
津南町、みなかみ町、栄村の

7市町村になります。

井口智裕さんが理事の「雪国観光圏」
エリアはこの辺です
出典:http://snow-country.jp/

雪国であるという事実を、
「不便なところ」ということではなく、



雪国ならではの暮らしの知恵などを
ブランディングをして、



ここにしかない独自の魅力を
観光客にアピールをして、エリアの活性化を

図っていっているということです。

「雪国観光圏」
雪国の暮らしにはさまざまな知恵がある
出典:https://www.nico.or.jp/


コンセプトは
「真白き世界に隠された知恵と出会う」
ということです。



いろいろな「こだわり」をもって
活動を展開されているそうです。



この活動も
さまざまなメディアに取り上げられて、



観光業で最も権威のある
ジャパンツーリズムアワードの大賞を

受賞されたということです。

4.井口智裕さん「カンブリア宮殿」登場!温泉町について語る?

いせんの社長業や雪国観光圏の理事と
忙しく活動をされている井口智裕さんですが



2019年3月28日に放送される
「カンブリア宮殿」に登場されます。

井口智裕さん「カンブリア宮殿」登場
出典:https://www.facebook.com/

テーマもズバリ「温泉町の再生」です!



井口智裕さんは、
きっと熱く語ってくれると思います。

番組、とても楽しみですね。

スポンサードリンク

<< まとめ >>

今回は、いせん社長の井口智裕さんについて
いろいろと調べてきました。

井口智裕さん・雪国愛がとまらない
出典:https://www.nico.or.jp/

まず、家業のである旅館を受け継ぎ
そこを経営的に立て直しました。



それと同時に、井口智裕さん自身の街を
立て直していきます。



さらに、7市町村の街を
立て直していこうとしています。



そんな井口智裕さんを調べていくうちに、
雪国愛がすごくなっているような

気がしてきました(笑)



きっと、井口智裕さんが生まれ育った街や
地域が元気になっていくのを見ているのが

楽しくて仕方ないのでしょうね。



今後も、地域の発展に
貢献していってくださいね。



今日も、最後までご覧いただき、
ありがとうございます。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする