【それって実際どうなの課】梶原凪は鉛筆1本で何文字書けた?混ぜ続けた納豆や八百屋のミックスジュースも気になる

出典:pixabay



こんにちは。
管理人の<まぁちゃん>です♪



今回は、それって⁉︎実際どうなの課
新人女優の梶原凪さんが検証した



時間と手間のかかる素朴な疑問について
いろいろと調べていこうと思います。


梶原凪さんは、番組で

・八百屋さんに売っている全部の野菜を
 ミックスジュースにしたら何味?

・納豆をずっとかき混ぜたらどん味? 

・鉛筆を最後まで使い切ったら
 何文字かける?



という疑問に体当たりで挑戦していく
ということなので今回は、



この3つの疑問について
調べいこうと思います。



いっしょに確認していきましょう。
それでは、お楽しみに♪



このトレーニングも気になる♪




スポンサードリンク

1.梶原凪が検証|八百屋の野菜全部をミックスジュースにしたら何味?【それって実際どうなの課】

はじめに梶原凪さんが検証したのは、

八百屋の野菜全部をミックスジュース
にしたら何味になるのか?
です。



まず野菜やフルーツは、八百屋のにある

「全74品」「総額10000円以上」



野菜やフルーツは、分量を均等になるように
切っていきます。



生で食べられないものは、茹でて下ごしらえ
して、全ての野菜を均等にそろえ終わると、

ミキサーでミックスジュースを作ります。



混ざり終わると、ミックスジュースの色は

緑色・・・



そして梶原凪さんはミキサーのフタを取って
ミックスジュースの香りを確かめる。



「くっさー」



そして、味は。。。



「うわ〜っ!」

「はじめはニンニク?」
「ねっとり感はオクラやバナナ?」



味は、”焼肉を食べた後味” ということ…

焼肉のたれに近い味?でしょうか?



おそらく焼肉のたれも同じような材料で
作っていそうですね。



ミックスジュースはバランスよく混ぜるから
美味しいということがわかりました。



良い子は真似しないように^^;



このトレーニングも気になる♪




スポンサードリンク

2.梶原凪が検証|納豆をずっとかき混ぜたらどん味?

そして2つめに梶原凪さんが検証したのは、

納豆をずっとかき混ぜたら
どんな味になるのか?です。



この検証は、朝8時から4時間納豆を
かき混ぜ続けてどうなるのかを検証します。



さっそく梶原凪さん検証スタートしてから
3分を過ぎたところで300回を突破!



納豆のネバネバがクリーミーになって
に艶が出てきていて、とても美味しそう。



そして納豆を10分かき混ぜると
1000回を突破!



そして、納豆を1万回混ぜたところ
納豆は驚きの姿に!!!



1万回混ぜた納豆の見た目は、
ピーナツバターのような状態。

一見すると美味しそうでした。



そして納豆をかき混ぜ続けて3時間が
経過して2万回を突破!!



納豆の状態はピーナツバターよりも
色が濃くなって、見た目は「味噌」のよう。



そしてついに、
納豆をかき混ぜ続けて4時間が経過!



納豆をかき混ぜた回数はなんと2万8千回!



味噌よりも濃縮されて
見た目は”生キャラメル” という感じ。



そして、梶原凪さんは4時間かき混ぜた
納豆を実食してみると。。。



「苦くてごはんと合わない・・・」



なぜ、納豆が苦くなっているのか
専門家に聞いてみたところ、



納豆を常温で1000回以上かき混ぜると、
納豆菌が活性化して苦味が出てしまうということ。



結果、納豆をかき混ぜる回数を
1000回以内にしないと

美味しく食べられる限界を超えてしまう
ことがわかりました(^^;



この人についても気になる♪




スポンサードリンク

3.梶原凪が検証|鉛筆を最後まで使い切ったら何文字かける?

そして最後に梶原凪さんが検証したのは、

鉛筆を最後まで使い切ったら何文字かける?
です。



梶原凪さんが行った検証は、
400字の原稿用紙に鉛筆がなくなるまで

文字を書き続けていきます。



書き始めは軽快に楽しんで続けていくも
音がない環境で永遠と書くことに



少し辛さを感じ始め、梶原凪さん
鼻歌を「タンタンタンタン♪」

と歌い、原稿用紙に書きつづります。



しかし、1万字書いても
鉛筆はほとんど減らない・・・



番組スタッフは4〜5時間書けば
終わると思っていたため、

長期戦に突入することが発覚します。



そして、1日目は鉛筆の芯が
まったく減らず終了。



検証2日目

2日目も梶原凪さんは朝から原稿用紙に
文字を書いていきます。



検証も2日目になると
梶原凪さんの心の中で、



ネガティブ凪とポジティブ凪が
葛藤するようになります。



そして葛藤しながらも梶原凪さん
4万文字を突破!

原稿用紙にして100枚を超えました!



書き続けた鉛筆は半分程度まで
減ってきました。



梶原凪さんはここで「な」
描き続けているのでスタッフが聞くと



鉛筆がなくなる最後の文字には
「ぎ」を書いて名前で締め括りたい

とひたすら「な」を書き続けということ。



2日目も1日中、文字を書き続け
トータル20時間を経過。



鉛筆は残り3cmまで減ってき他ところで
2日目の検証は終了です。



検証3日目

鉛筆の残りは、3cmまで減っています。

すでに鉛筆削りでは芯を削れないので、
カッターで削っていきます。



そして、3日目もひたすら原稿用紙に
書き続けていくと



持ち手の部分がなくなり、
鉛筆は芯のみになりました!



残りあと少し!



鉛筆は手で持てないので
芯を爪で描いていきます。



ここで検証3日目は終了。



検証4日目

そして検証4日目がスタートしますが
梶原凪さん



すでに36時間も文字を書き続けていて
体力は限界の様子。



最後の力を振り絞って芯を使って
ひたすら「な」を書き続けます。



そしてついに爪でも芯を持てなくなって
最後の「ぎ」を書いて終了!!



なんと、鉛筆を最後まで使い切って
書いた文字数は・・・



102855文字!!!



原稿用紙 257枚 という膨大な量を
梶原凪さんは書き続け

検証を無事に終了しました!



過酷なロケを戦い抜いた梶原凪さん
忍耐力のすごさには驚きです^^;



この人についても気になる♪




スポンサードリンク

【それって実際どうなの課】梶原凪のミックスジュース・納豆・鉛筆まとめ

今回は、「それって実際どうなの課」で
新人女優の梶原凪さんが検証した



時間と手間のかかる素朴な疑問について
いろいろと調べてきました。



1.八百屋の野菜全部をミックスジュースにしたら「焼肉を食べた後味」

2.納豆はずっとかき混ぜたら「苦くてごはんと合わない・・・」

3.鉛筆を最後まで使い切ったら102855文字」



梶原凪さんは何度かそれって実際どうなの課
に登場して、いろいろな疑問に体当たりで

調査してくれています。



これから梶原凪さんの注目度は
さらに上がりそうですね♪



それでは、
今日も、最後までご覧いただきまして
ありがとうございます^_^
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。