冨永潤のプロフィールは?昭和ハウスの場所は?昭和家電のコレクションが気になる【マツコの知らない世界】

こんにちは。
管理人の<しゅうちゃん>です♪



今回は、昭和ハウスの館長である
冨永潤(とみながじゅん)さんについて
いろいろと調べていきます。



冨永潤さんは、2019年3月12日放送の
「マツコの知らない世界」に出演されます。



冨永潤さんは、昭和の家電のコレクター
しているそうです。



「昭和の家電」ってキーワードが
気になったので、いろいろ調べてみました。



みなさん、
いっしょに確認していきましょう。
それでは、お楽しみに♪



【マツコの知らない世界】には
こんな方々も出演していました



スポンサードリンク

1.冨永潤(昭和ハウスの館長)のプロフィールは?

富永潤さんの経歴(プロフィール)について
調べてみます。

富永潤さん・昭和ハウス館長です
出典:http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/

富永潤さんは三重県伊賀市の出身です。

1969年5月生まれです。
昭和44年ですね。



富永潤さんは、幼いころから収集癖?!
があるようです。

あらゆるものを集めていたようです。



小学生の頃は、さすがにあまりお金の
かからないものから集め始めました。



古銭「ギザ10」ありましたね!
昭和20年代に作られた、淵にギザギザの
ある10円玉です。

私自身もこれは懐かしい♪



さらに、富永潤さんは、
穴のない5円玉や柄の違う50円玉などを
集めていたそうです。



その他、切手や切符や
牛乳のキャップなどが小学生時代からの
コレクションだそうです。


中学・高校になると、だんだん金額的にも
内容もレベルが上がってきます。



飲料系が多いようですね。

コカ・コーラ社の缶ジュース。

「ハイシー」「スプライト」
「アンバサ」「メローイエロー」など

名前だけを聞いても、昭和感満載ですね。

昔のハイシーの缶ジュース
蓋を飛ばして遊びました♪
出典:https://aucfan.com/

昔は250mlの缶が主流でしたね。
しかも蓋は別々でした。

飛ばして競い合ったのを覚えています。



昔の缶、オークションでは数万円するのも
あるようです。すごい世界ですね。



合わせて、瓶のジュースも
集めていたようです。



ダルマボトルもコレクションに
入っていたようです。



これも、懐かしい。
今は完全に絶滅していますね。

今はなきダルマボトル
300mlのビンでした
出典:http://1978umare.com/

さすがに、Nゲージ(鉄道模型)は
お金が続かず断念したということです。

学生には厳しいですよね。



そして、富永潤さんが30代になると、
本格的に「昭和家電」方面にコレクションが
進化していきます。



きっかけは掛時計だそうです。
昔の家によくありましたね。



ゼンマイで動くものが
主流だったと思います。



おそらく、このころから、
コレクションにかけるお金の額も
跳ね上がっていったのではないでしょうか?

スポンサードリンク

2.冨永潤さんの昭和ハウスとは?場所はどこ?

どっぷりとコレクションに浸かっていった
冨永潤さんですが、



冨永潤さんが館長を務めるという
「昭和ハウス」とは
いったい何なのでしょうか?



調べてみましたので、
確認していきましょう♪



「昭和ハウス」とは、
昭和時代の懐かしい電化製品を中心にした
コレクションを展示しているところですね。

「昭和ハウス」外観
冨永潤さんが館長です
出典:http://www.nhk.or.jp/

「昭和ハウス」の場所ですが、
三重県伊賀市ですね。



冨永潤さんの御実家でしょうか?
たぶん違うと思いますが(笑)



不定休ですが、予約が必要とのことです。
訪れる際は、電話しておきましょう。

駐車場は3台分あるようです。



位置的には、
大阪市と名古屋市を直線で結んで
真ん中よりちょっと左のあたりでしょうか?



また、昭和ハウスに展示されている
冨永潤さんのコレクションですが、



数多くの映画やドラマでも
使われているということです。



多くの昭和家電のレンタル業を
行っているとのことです。

そちらの方が本業だと思われます。



冨永潤さんの昭和家電が登場している
主な作品ですが、

<映画>
「Always三丁目の夕日」
「パッチギ」
「インスタント沼」
「ドロップ」
「時をかける少女」
「20世紀少年」
「永遠の0」
「ちはやふる」
「DESTINY鎌倉ものがたり」
「君の膵臓を食べたい」

<ドラマ>
「半分、青い。」
「とと姉ちゃん」
「火花」
「ゲゲゲの女房」
「こち亀」

<CM>

「トヨタ自動車」
「PANASONIC」
「吉野家」

など多数の作品に登場しています。

スポンサードリンク

3.冨永潤さんの昭和ハウスにある昭和家電のコレクションは?

冨永潤さんの昭和ハウスは、
先の写真にあるように、



その空間自体がすでに昭和の時代に
タイムスリップをしている感じがします。



テレビだけでも、
有に100台は越えているということです。



観音開きのテレビや
レコードプレーヤー一体型のテレビなど



今では考えられない形のものがたくさん。
まさに昭和へタイムスリップです。

冨永潤さんの昭和ハウスに展示
テレビの台数は圧巻です
出典:http://www.ict.ne.jp/

また、「昭和体験部屋」というものも
あるということです。

きっと、突っ込みどころ満載です。

昭和ハウス・昭和体験部屋
出典:http://www.ict.ne.jp/

そして、「昭和駄菓子屋」という
コーナーもあるようですよ。



昭和時代に「ガキ」だった人は、
めちゃめちゃなつかしいですね。

昭和ハウス・昭和駄菓子屋
おばあちゃんが店番していそう
出典:http://www.ict.ne.jp/

昭和の自動販売機もあるようです。
これもなつかしいですね♪

昭和ハウス・昭和の自動販売機
アナログ感満載です
出典:http://www.ict.ne.jp/

4.冨永潤さんが「マツコの知らない世界」に登場!

これまでに昭和家電のコレクションだけでも
7000万円はつぎ込んでいるという



冨永潤さんですが、2019年3月12日放送の
「マツコの知らない世界」に登場します。

冨永潤さん昭和家電に7000万円つぎ込む
出典:http://www.tbs.co.jp/

ブラウン管のテレビや
ラジカセ(ラジオ&カセットプレーヤー)や



ポータブルレコードプレーヤーなどに
囲まれたスタジオでの

撮影となっております。



昭和家電のうんちくを
語っていくということです。

楽しみですね。

冨永潤さんとマツコさん
昭和家電を語る
出典:http://www.tbs.co.jp/



【マツコの知らない世界】には
こんな方々も出演していました



スポンサードリンク

<< まとめ >>

今回は、冨永潤さんについていろいろと
調べてきました。



戦後の昭和って、
貧しかったとよく聞きます。



それでもみんながんばっていた
とも聞きます。



冨永潤さんはそんな時代の
家電が一番好きだといいます。



昭和30年代から40年代の
芸術作品っぽい雰囲気があるものが
大好きなようです。



当時としては、一生懸命に製品を
作っていたのでしょうが、

今の時代だと、突っ込みどころ満載です♪



なんとなく、ほっこりしていますね。
また、製品にもかわいらしさがありますね。



冨永潤さんは、
昭和50年代の家電になると、



ややきっちりとした製品っぽさがあるので
あまり好きではないようです。



きっと、ちょっとだけ「冷たさ」が
あるのかな?って思います。



「平成」という時代も
終わってしまいますが、

これからも「昭和」を愛し続けてください。



今日も、最後までご覧いただき、
ありがとうございます。


【マツコの知らない世界】には
深堀勝謙さんも出演していました♪
【マツコの知らない世界】には
小林真作さんも出演していました♪
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする